華陀膏

第2類医薬品 ビジュアル
添付文書PDF

水虫・たむし薬

華陀膏
「華陀膏」は安息香酸、サリチル酸などを配合した軟膏剤でみずむし、いんきんたむしの改善を目的としております。
 
 
 
 
 
 
20g 希望小売価格 1,165円(税抜)

効能・効果

汗疱状白癬(みずむし)、頑癬(いんきんたむし)

用法・用量

1日2回、患部を温水で洗浄後、すり込む様に塗布して下さい。塗布後少量の脱脂綿を軽く置いて下さい。

●ご使用に際しての注意

  • (1) 定められた用法を厳守して下さい。
  • (2) 患部やその周囲が汚れたまま使用しないで下さい。
  • (3) 小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させて下さい。
  • (4) 本剤は外用のみに使用し、内服しないで下さい。
  • (5) 目に入らないよう注意して下さい。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けて下さい。

成分・分量

下記成分及び分量を含有する軟膏です。

サリチル酸 ・・・ 5%   香料 蠟梅油 ・・・ 1%        
安息香酸 ・・・ 10% 基剤 白色ワセリン ・・・ 80%      
カンフル ・・・ 2% 基剤 白蠟 ・・・ 2%      
                 
                 
                 

使用上の注意

してはいけないこと

次の部位には使用しないで下さい。

1.目や目の周囲、粘膜(例えば口腔、鼻腔、膣等)、陰のう、外陰部等

2.湿疹

3.湿潤、ただれ、亀裂や外傷のひどい患部

相談すること

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談して下さい。
  • (1) 今までに薬や化粧品等によるアレルギー症状(例えば発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等)を起こしたことがある人
  • (2) 患部が顔面の人、又は広範囲の人
  • (3) 患部が化膿している人
  • (4) 「湿疹」か「みずむし、いんきんたむし、ぜにたむし」かがはっきりしない人
    (陰のうにかゆみ・ただれ等の症状がある場合は、湿疹等他の原因による場合が多い)
  • (5) 乳幼児
  • (6) 医師の治療を受けている人
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、添付文書を持って医師又は薬剤師に相談して下さい。
  • (1) 使用後、次の症状があらわれた場合
関係部位 症状
皮 ふ 発疹・発赤、かゆみ、かぶれ、はれ、刺激感
  • (2) 2週間位使用しても症状がよくならない場合

▲ このページのトップへ