漢方せき止めトローチS「麦門冬湯」

第2類医薬品 ビジュアル
添付文書PDF

漢方の麦門冬湯がのみやすいトローチになりました

漢方せき止めトローチS「麦門冬湯」
本剤は、漢方の古典「金匱要略」(後漢時代)収載の処方にもとづいてつくられたエキスをトローチ剤としたものです。
漢方せき止めトローチS「麦門冬湯」は、気管支炎や気管支ぜんそくなどで、咳を頻発したり、痰が粘くて切れにくい咳に用いられます。
かまずに口中でゆっくりと溶かしてください。
 
18錠(3日分) 1,500円(税抜)

効能・効果

体力中等度以下で、たんが切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感があるものの次の諸症状:

からぜき、気管支炎、気管支ぜんそく、咽頭炎、しわがれ声

用法・用量

食間または空腹時に、1錠ずつ口中に含み、かまずにゆっくり溶かしてください。

※食間とは・・・食後2〜3時間を指します。

年齢 1回量 1日服用回数
大人(15歳以上)及び7歳以上 2錠 3回
7歳未満5歳以上 1錠
5歳未満 服用しないでください

成分・分量

(本剤6錠中)

バクモンドウ ・・・ 5.0g   タイソウ ・・・ 1.5g      
ハンゲ ・・・ 2.5g ニンジン ・・・ 1.0g      
コウベイ ・・・ 2.5g カンゾウ ・・・ 1.0g      
                 
                 
                 

より抽出した水製エキス4.50gを含有しています。
添加物としてβ−シクロデキストリン、ステアリン酸マグネシウム、粉末還元麦芽糖水アメ、ポビドン、メタケイ酸アルミン酸マグネシウム、香料、l-メントールを含有しています。

使用上の注意

※この医薬品は「使用上の注意」をよく読んで正しくお使いください。

  漢方せき止めトローチ麦門冬湯 このような咳におすすめします ●タバコの吸い過ぎによる乾性のせき●いつもノドに違和感がある人のせき●激しいせき発作●秋から冬にかけて発生しやすいせき●高齢者に多いせき 仕切点線   なぜ、麦門冬湯がトローチに?

せき止めには口当たりがよく、飲みやすい液剤が主流となりつつあり、各社からいろいろと発売されています。小太郎漢方では液剤ではなくトローチ剤を選択いたしました。乾燥して過敏になったノドや気管・気管支は、少しの刺激でも咳を発生しやすい状況に あり、口中に入れ、なめればなめるほど、その成分の働きで徐々に潤してくれる卜ローチが適していると判断したからです。乾性の咳でノド、口、舌、鼻などが乾燥しやすいタイプには適した剤形といえるでしょう。

WHY?トローチ

▲ このページのトップへ