疎経活血湯エキス細粒G「コタロー」

第2類医薬品 ビジュアル
添付文書PDF

のんで痛みをとる

疎経活血湯エキス細粒G「コタロー」

本剤は、漢方の古典「万病回春」(明代)に収載の処方に準拠して製造された漢方エキス細粒です。

手足の関節や、腰から下あるいは肩、くび、腕などが痛み、時には腫れたり、しびれたりして日常生活に支障を来たしている方が少なくありません。

これらは時に夜間に痛みがひどくなったり、寒冷・湿気で悪化するなど、原因やあらわれ方もさまざまです。

疎経活血湯エキス細粒G「コタロー」は、経を疎し(気血の道の通りをよくし)、血を活かして(血行をよくして)上記の症状を改善する薬です。

18包(6日分) 希望小売価格 1,800円(税抜)

お問い合わせ:(フリーダイヤル)0120-410-912

効能・効果

腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛

用法・用量

食前または食間に服用してください。

食間とは・・・食後2〜3時間を指します。

年齢 1回量 1日服用回数
大人(15歳以上) 1包または1.5g 3回
15歳未満7歳以上 2/3包または1.0g
7歳未満4歳以上 1/2包または0.75g
4歳未満2歳以上 1/3包または0.5g
2歳未満 服用しないでください

(大入り剤に添付のサジは、すり切り一杯で約0.6gです)

小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。

成分・分量

本剤3包(4.5g)中

トウキ ・・・ 1.0g   シャクヤク ・・・ 1.25g   ビャクシ ・・・ 0.75g
リュウタン ・・・ 0.75g ジオウ ・・・ 1.0g トウニン ・・・ 1.0g
ゴシツ ・・・ 0.75g ショウキョウ ・・・ 0.5g ワキョウカツ ・・・ 0.75g
ソウジュツ ・・・ 1.0g イレイセン ・・・ 0.75g カンゾウ ・・・ 0.5g
チンピ ・・・ 0.75g センキュウ ・・・ 1.0g ブクリョウ ・・・ 1.0g
ボウイ ・・・ 0.75g ボウフウ ・・・ 0.75g      

より抽出した水製エキス3.6gを含有しています。

添加物として含水二酸化ケイ素、ステアリン酸マグネシウムを含有しています。

使用上の注意

相談すること

1.次の人は服用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
  • (1) 医師の治療を受けている人。
  • (2) 妊婦または妊娠していると思われる人。
  • (3) 胃腸が弱く下痢しやすい人。
  • (4) 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人。
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、
添付文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください
  • (1) 服用後、次の症状があらわれた場合
関係部位 症状
皮 膚 発疹・発赤、かゆみ
消化器 食欲不振、胃部不快感
  • 3. 1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、添付文書を持って医師、薬剤師
    または登録販売者に相談してください
  のんで痛みをとる疎経活血湯
 
筋肉痛・腰痛・関節痛・神経痛など
 
 
 
 
 
神経・筋肉・関節が痛み出したら疎経活血湯です
このような疾患におすすめします 神経痛・腰痛・ギックリ腰・関節痛・全身性の痛み・筋肉痛 漢方ではどのような時に痛むかを重視します。

漢方では「不通則痛(通ぜざれば則ち痛む)」といって、気血(エネルギーや血液)の流れが悪くなって痛みが生じると考え、疎経活血湯はその流れを改善してくれるのです。疾痛疾患においては「どこが痛むか?」は大切ですが、それ以上に「どのような状況で痛むか?」を重視しています。血行不良から来る痛みには次のような特徴があります。

  • ●日中よりも夜に痛みがひどくなる。
  • ●階段を上る時よりも、降りる時に痛みを感じる。
  • ●過度の飲酒(美食)やセックスにより痛みが増す。
  • ●急性期には、触ることさえできない激しい痛みが多い。
  • ●慢性期には、一ヶ所に固定したがんこな痛みを訴える。
  •  

▲ このページのトップへ