疎経活血湯(そけいかっけつとう)

膝の痛み

暖かい季節には起きなかった手足、腰、肩、関節などの痛みが、寒い冬になると多発してきます。一般的には、このような体の痛みにはパップ剤、プラスター剤、スプレー剤や軟膏、クリームなどの塗り薬がよく用いられています。一時的に痛みをおさえ、組織の回復が早い若い方には、効果が期待でき優れたものであっても、慢性化したものや高齢者には根本的な改善とまでは行かないものです。そんな時にぜひ使っていただきたい漢方薬が疎経活血湯(そけいかっけつとう)です。

疎経活血湯とは、経絡(けいらく、気血の通り道)を疎通し、その中を流れている血液を活性化するという薬能から名づけられたものです。17種類もの多くの薬草からなっているので、その働きがわかりにくいですが、簡単に申し上げますと2つのグループに大きく分けられます。直接痛みをちらす去風湿薬(きょふうしつやく)のグループと、間接的ですが血液の循環をよくして温めることで痛みを改善する駆瘀血薬(くおけつやく)のグループからなっています。漢方では、去風湿薬には急性の痛みをとる、駆瘀血薬には慢性の痛みをとる働きがあるといわれています。

がまんできないつらい痛みに飲む鎮痛剤

若い人に多いスポーツ時の打撲や捻挫、高齢者に多い腰痛、ヒザの痛み、このような痛みをとるためにあなたならどうしますか。冷やしますか、温めますか?答えは痛みが和らげば、どちらでもよいのですが、この2つの療法にはそれぞれに違った目的があります。

ドラッグストアで販売されているパップ剤、プラスター剤や軟膏などの外用薬は、大半が患部を冷やす薬です(最近は温めるタイプも若干ありますが)。冷やす治療は痛みを伝える神経の感受性が低下して、痛みに鈍感になっているだけなのです。したがって、回復力の早い若い人、急性期の痛みなどによく使われてきました。

一方、回復の遅い高齢者や慢性化した痛みには、温めることが根治療法となります。温めると血管が広がって、血液循環がよくなります。その結果、老廃物が除去され、新陳代謝が促進され、筋肉などの緊張(痛み)が和らぐわけです。昔から慢性の痛みをいやすのに、温泉へ湯治に行ったものです。疎経活血湯は飲み薬ですが、このような2つの働きを備えた漢方薬です。したがって、若い人から高齢者まで、急性痛から慢性痛まで幅広く使っていただける薬味構成になっています。

痛みを訴える神経痛、関節痛、リウマチ、腰痛などの病気を、漢方では痺症(ひしょう)と呼びます。痺症とはしびれや痛みを主症状とし、気(エネルギー)や血液がつまってめぐらなくなると痛みが生じるもので、「不通則痛(通ぜざれば則ち痛む)」と考えられるのです。この原因となるものが、季節に発生する寒冷、湿気、風やこのような状態を引き起こす生活環境なのです。

 

痺 症 効 果
寒痺
(かんぴ)
冬の寒さや冷えなどが原因となった神経痛、痛風などの病気。
固定性の痛みで激しいのが特徴。患部が冷たく温めると楽になる。
湿痺
(しっぴ)
梅雨の湿気などが原因となったヒザの関節炎や関節症などの病気。
関節がはれたり、しびれて鈍痛を訴える。重だるく運動障害をともなうこともある。
風痺(ふうひ) 春の風(風が運ぶ正体不明のウイルス、細菌、アレルゲンなどのことをさす)などが原因となったリウマチ、多発性の神経炎、筋炎などの病気。
痛みの程度は軽いが、その場所があちこちに移動。

 

以上、疎経活血湯はこの3つの痺症すべてに効果があるようにつくられた処方なのです。

どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか

手足、腰、ヒザなどの運動器のトラブルは、肥満している方が多く、自分の体重が腰やヒザなどに負担をかけて治りにくくしています。ダイエットで少しでも体重を落とし、その負担を軽くすることで回復することもあります。また、その異常が骨にまで波及している場合には、カルシウムの摂取に努め、その不足したものを補います。カルシウムの含有食品としては、牛乳が代表的なものですが、水分が多く、関節などに湿をためやすいので、骨ごと食べられる小魚類をおすすめします。関節の器質的な異常では、その部分が再生しない限り元に戻りませんので、そのまわりの筋力をつけることで補っていくことも大切です。

▲ このページのトップへ