葛根湯(かっこんとう)

頭痛

「カゼには葛根湯」というのは、世間一般で広く言われていることです。しかし、カゼにも種類や段階があり、どのような場合にも葛根湯が適しているというわけではありません。葛根湯が適したカゼとはひき始めから数日間です。カゼには初期に使用するのが葛根湯なのです。

 

葛根湯は寒邪(インフルエンザに代表されるウイルスや冬の寒さなど)に取り付かれた体を温め、発汗を促すことによって汗とともに邪を外に追い出してくれます。つまり、カゼの初期で、邪が体表面で悪さをしている段階ということができます。寒けや頭痛、節々の痛みを感じて「カゼをひいたかな」と思った時に服用するのが、最も効果的です。

 

葛根湯はクズ湯でおなじみの葛根(かっこん)を含め7種類の薬草からできています。初期のかぜでは、寒けのためにクシャミがでて鼻がグズグズすること(鼻かぜともいう)がよくあります。こんな時にももちろん葛根湯を使うのですが、これに辛夷(しんい)、川芎(せんきゅう)を加えたものが、鼻炎やちくのう症などに応用されている葛根湯加辛夷川芎です。辛夷は鼻の通りをよくし、川芎は鼻が詰まって頭痛を訴える時に働いてくれます。

 

葛根湯はカゼ症候群といわれる一連の症状以外にも、各種炎症に応用されています。結膜炎、中耳炎、歯肉炎、扁桃炎、湿疹、蕁麻疹、乳腺炎など感染症の初期やからだの表面(皮膚や手足)に出る病気などです。

カゼの症状はどのように変化するのでしょうか

カゼのひき始めに特徴的な症状は、寒け(ゾクゾクとした悪寒)、頭痛、首・肩のこり、関節痛の後に発熱があります。カゼは体内にカゼを起こすウイルスが侵入してくることによって起こります。このウイルスとの闘病反応が発熱です。一般には、解熱薬で熱を下げてしまいます。最近では、すぐに解熱することが、体がウイルスと充分に戦うことが出来ず、逆にカゼを長引かせてしまう危険性があるといわれています。インフルエンザなどによる激しい発熱は、放置すると危険な状態となることもありますが、普通のカゼならばある程度の発熱はウイルスと戦うために必要となるのです。

漢方では、カゼは寒邪が体に取り付いて起こると考えています。ウイルスという概念がなかった時代には、ウイルスを邪とみたててカゼの治療を行っていたのでしょう。体に侵入してきた邪は、最初のうちは体の表面で悪さをします。寒けや発熱、頭痛、首・肩のこり、関節痛などは、邪が体の表面で起こしている症状なのです。邪が体の表面にいる間であれば、体の体温を上げたり汗を出すことによって邪を発散して追い払うことが出来ます。これがカゼの第一段階で、カゼを早期に治療するチャンスでもあります。

 

表面にいる邪を追い出せないまま数日が過ぎてしまうと、邪は体の中へと進んで行きます。体の中には胃腸や肺などの内臓があり、そこに邪が到達すると、寒けや発熱などは軽くなってくるものの、下痢や食欲不振などの胃腸障害や咳・痰、倦怠感を伴った症状(カゼの後期症状)へと移行していきます。邪が体の表面と内側を行ったり来たりすることによって、初期と後期の症状が交代に現れるようになり、寒けと胃腸症状が同時に現れるような場合もあります。ときには、咳や鼻炎などが出る場合もあります。こうなってしまうと、発熱や発汗ではもう邪を追い出すことができません。表面にいる邪を追い出しながらお腹を守る方法か、邪に攻撃された内臓をいたわるような方法に変わってきます。具体的には、いつまでもカゼの症状がひかなかったり、食欲不振が続いたり、体力が回復しなかったりという症状でお困りの方も出てきます。このような場合には、葛根湯ではなく弱った体に元気をつけて元の健康な状態に戻すような漢方薬が必要となってきます。

どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか

葛根湯は体を温める漢方薬です。体を温めると発汗も促され、邪を追い出すのにも非常に有効です。そのため、葛根湯はお湯などで溶かして温かい状態で服用すると、さらに効果があります。その際には、熱いうどんやお粥などを食べてさらに体を温め、きちんと布団に入って眠るとよいでしょう。熱があるからといって、刺身や生野菜、アイスクリームなどをとるのはいただけません。 眠っている間に汗をかきます。かいた汗を放置すると、逆に体を冷やすことになりますので、汗で濡れた寝巻きなどの衣類はこまめに取り替えるようにしてください。カゼは初期のうちに治しきることが治療の早道です。カゼをごまかしながら無理をして仕事などをすると、逆にカゼをこじらせて長引かせてしまいます。早めに葛根湯を飲み、充分休養(睡眠)をとることが、治療のポイントです

▲ このページのトップへ