十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

手の痒み

十味敗毒湯はわが国が世界に誇る外科医・華岡青洲(はなおかせいしゅう)によってつくられました。華岡青洲は1804年(文化元年)に通仙散(つうせんさん)という経口麻酔薬をつくり、この麻酔薬を用いて世界ではじめて乳ガン手術をしたことで有名です。彼が残した治療薬は数多くあり、ここで紹介する漢方薬もそのなかのひとつです。

 

十味敗毒湯は「万病回春(まんびょうかいしゅん)」という中国の古い書物に記載されている荊防敗毒散(けいぼうはいどくさん)を基に華岡青洲が創方した漢方薬です。名のとおり10種類の薬草から構成されています。

これら10種類の薬草の力で皮膚の病気(化膿性疾患)を敗毒(毒素をなくす)することができるということから、処方名がつけられました。

 

処方の内容は、ひとつは体表部の血管を拡張して血行をよくし発汗・発散を強めて皮膚をきれいにし、カユミを除く薬草のグループ。それには防風(ぼうふう)・荊芥(けいがい)・独活(どっかつ)・川芎(せんきゅう)の4つ。

もうひ とつは、皮膚の炎症や毒素を去る消炎・解毒作用で化膿を改善する薬草のグループ。それには柴胡(さいこ)・桜皮(おうひ)・桔梗(ききょう)・甘草(かんぞう)の4つです。

主に2つのグループが十味敗毒湯の中心的な役割を果たします。そのほかに、茯苓(ぶくりょう)・生姜(しょうきょう)も配合されており、利水(りすい)の働きで、皮膚の炎症による分泌物を取り除いたり、腫れを軽減したりします。

カユミが強く、全身に広がりやすいジンマ疹、湿疹に。

春は木々が芽吹き、すべてが伸びやかに成長し始める時季です。人のからだも「上へ外へ」とエネルギーを発散するようになります。その働きにしたがって、体内の老廃物も外に排泄されやすくなります。春に湿疹やニキビができやすいのもこういった理由があったわけです。

アトピー性皮膚炎やジンマ疹ではカユミが強く、化膿したり、あるいはジュクジュクと滲出液があるもので、どちらかというと急性期によく用います。ニキビでは小さいブツブツがたくさん広がる時に適しています。また、内服の水虫薬としても有名で、単独よりも外用の紫雲膏と併用すると効果があるといわれています。

以上のことから、十味敗毒湯は皮膚病専門の漢方薬としてよく使われてきました。

どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか

急性の場合は皮膚をきれいにして、特に外因(ホコリ、ペットの毛などのアレルゲン)を避け、慢性の場合は内因(食事やストレスなど)にこだわる必要があります。

ゝ則正しい、バランスのよい食事。

甘いもの、冷たいもの、植物油を使ったスナック菓子などは控える。毒素が体内にたまらないように、食物繊維などをたくさんとり、便秘しないように気を付ける。

嗜好品(コーヒー、アルコール、タバコなど)は控える。

皮膚病の状態悪化させることがある。

K萋入浴して、お肌を清潔に。

入浴はスキンケアのために欠かせない。風呂で使う石鹸は低刺激のものを。また、髪と爪はいつも短くし身体を清潔に保つ。

た臾欧鮟縞とる。

夜更かしや寝不足はお肌にとって大変悪い。治すのに時間がかかるのでしっかり睡眠をとる。

ゥ好肇譽垢鬚燭瓩覆ぁ

最後に、ストレスが過度にならないように心がける。ストレスはエネルギーを「上へ外へ」と発散する力を閉じ込めてしまう。そのため老廃物はなかなか外に排泄できなくなり、治りにくくなる。春は新緑の季節。香り高いフィトンチッドが豊富な森の空気をからだ一杯に取り込んで、気持ちをのびやかに活き活きと過ごす。

▲ このページのトップへ