補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

体力の低下

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は金の時代(13世紀ごろ)の中国で生まれた漢方薬です。漢方薬の中では比較的新しい時代のものとも言えます。疲れた体には元気を補う必要があるという考え方を背景にしてつくられた処方です。

漢方では人間の体を上、中、下の3つの部分に分けて考えていますが、このなかで中とはお腹のことをさします。補中益気湯の名前は「中(お腹)の機能を補って、気を益す(ます)薬」という意味になっています。いろいろな病気に効果があることから「医王湯(いおうとう)」と呼ばれることもあります。「医薬の王様のようによく効く薬だ」と服用した人の間で評判になったことが、この名前の由来となっています。

 

人体を構成するものとして、漢方には「気(き)」という概念があります。「元気」の「気」です。気とは、体を動かしているエネルギーのようなもので、目には見えませんが、体の中をくまなく循環しています。健康な体では、気が滞りなく全身を巡っているのですが、体力が低下したりストレスがかかったりすると、気の巡りに悪影響を及ぼし、気の流れが滞ったり、循環する気が足りなくなったりしてきます。この気が足りない状態を漢方では「気虚(ききょ)」と言います。気虚の状態では、体が正常な機能を維持することが困難となります。胃腸機能が低下して食欲不振が起こったり、疲れやすい、だるいというような症状も現れてきます。

 

気虚は病気をして体力が低下している時や、過労や睡眠不足がある時、きちんと食事がとれていない時、また夏の暑さ負けでも起こります。体に負担がかかっている時に起こり、さらに体に疲労感を与えるのです。

したがって、このような気虚による疲労感や胃腸機能の低下は、足りなくなった気を補っていけば良いということになります。気を補い体に元気をつける漢方薬が補中益気湯です。

正体不明のだるさ

とにかく多忙な現代社会。昼間は時間と仕事に追いかけられ、食事は不規則、夜は睡眠不足、疲れた体に鞭を打って毎日を送っておられる方も多いのではないでしょうか。昨今では「慢性疲労症候群(CFS)」という病気に悩まされる方も増加しています。この病気は過労や睡眠不足、栄養の偏りなどから常に疲労を感じており、朝起きられない、昼間も体がだるい、そして仕事や日常生活などに支障が出るという、普通の疲労がさらに悪化したような状態をさします。体そのものには病変がないため病院での検査値などには異常がなく、疾患として認められにくいものでしたが、あまりにもそのような人が多いためこのような病名がつきました。忙しい日常生活の中での現代病とも言えるかもしれません。

 

このようにどこが悪いというわけではないが体がだるい、食欲がない、虚弱体質、病み上がりで体力が回復しない、夏バテで元気が出ない、というように「体のだるさ」でお困り方も一度「気虚」を疑ってみてください。補中益気湯で成果があがるかも知れません。

どのようなことに気をつけたらよいのでしょうか

一番大切なことは「無理をしない」ということです。やる時にはきちんと仕事をし、休む時にはゆったりとリラックスしながら休息をとりましょう。

夏バテの予防で最も大切なのは、室温の調節と冷たい飲食物や水分の摂取量です。夏は暑いのが当たり前ですが、そんな時にクーラーで室温を下げすぎると室内外の温度差で体温調節がうまくいかなくなり、体に負担がかかりやすくなります。帰宅後や風呂上りなどの汗をクーラーの冷気でひかせることも体を冷やし過ぎる原因になるので、避けたほうがよいでしょう。

 

次に水分の摂取量です。夏は発汗により多くの水分が失われているので、適度な水分補給が必要となります。かといって、水分を取り過ぎた方が良いわけではありません。水分の取り過ぎは胃腸に大きな負担がかかります。胃や腸の中にも水分が溜まりやすくなり、食欲不振だけではなく、腹痛や下痢の原因にもなります。

涼しい部屋と冷たい飲食物は夏の楽しみでもありますが、適度に調節して健康的な夏を楽しみたいものです。

▲ このページのトップへ