夏に多いからだのトラブル

夏の暑さに気を付けて

梅雨には湿気(湿邪)によるトラブルに気を付けて

梅雨には梅雨独特のトラブルがあります。この時期は雨が多く、大気中の湿気が原因となり、その影響が全身各所に出てきます。まず、皮膚に。そして筋肉や関節へ。さらに消化器官などに及んできます。

症 状 処方名
ブツブツ、赤い、痛いなどのお肌の炎症 清上防風湯
(せいじょうぼうふうとう)
関節・筋肉のはれ・痛み 防已黄耆湯
(ぼういおうぎとう)
吐き気、下痢、食欲不振 藿香正気散
(かっこうしょうきさん)

※該当する処方名をクリックすればその漢方の内容がご覧になれます

夏には暑さ(暑邪)によるトラブルに気を付けて

暑い夏場に多いトラブルとしては、水分の取り過ぎから胃腸の働きが弱り、食欲不振や下痢を起こしやすくなります。また、暑気あたりによるだるさ、疲れ、夏カゼなども多くなります。暑さのため、冷房や冷たい飲み物での冷やし過ぎになり、逆に冷えを訴える冷房病などに注意しなくてはいけません。

症 状 処方名
夏カゼ、食欲不振、下痢 藿香正気散
(かっこうしょうきさん)
手足のだるさ、からだの疲れ 補中益気湯
(ほちゅうえっきとう)
頻尿、排尿痛、手足・腰の冷え 五淋散
(ごりんさん)

※該当する処方名をクリックすればその漢方の内容がご覧になれます

▲ このページのトップへ