日本の秋

秋

 日本の秋は、じめじめした梅雨の湿気もなくなり、焼け付くような夏の暑さも終わり、一年中で最もさわやかな季節です。昔から「スポーツの秋」や「食欲の秋」といわれます。秋は生命力をからだの内側にしまいこみ、今までに身に付けたものを発揮する時期で、スポーツの試合や学芸会などの発表会にふさわしい季節といえるでしょう。また、食べ物の少なくなる冬に備えて、実りの秋によく食べてからだに蓄えておく、動物本来の機能の名残からきています。

 秋は陽の気と陰の気が入れ替わる過渡期で、気候がだんだん寒くなって、日照時間が短くなります。葉が色づいて落ちるため、人々は心の中で物寂しさを感じ、情緒の不安定や感傷的になりやすい憂鬱な気持ちになります。これは乾燥しやすい大気のせいかも知れません。

 しかし、秋はすがすがしく、実りの季節でもあります。収穫を喜び、秋のようにさわやかに過ごしたいものです。まもなくやって来る冬を迎えるためにも、このような気持ちが大切なのです。

 

 漢方の古典「黄帝内経(こうていだいけい)」では、秋になるとすべてのものの形(容)が定(平)まるという意味から、秋の3ヵ月のことを容平(ようへい)と言って、秋の養生法を次のように述べています。

「この季節には、鶏の寝起きのように、早く寝て早く起きることであり、心を安らかにして、くやまず精神を落ち着かせて、秋の気が身体を損なうことのないようにし、やたらと動きまわって、肺を冷やさないようにします。これが秋の季節に調和した養生法であります。

もし、養生法に逆らって、精神を動揺させたり、秋の冷えにあたり肺を冷やしたりすると肺を損傷したり、冬になって下痢をしたりします。」

 

 秋というのはこのように物事を仕上げたり整理したりするのにふさわしい季節であり、秋になって何か新しいことを始めようとすると秋の気である肺をいためます。肺に影響するのは冷えだけでなく、秋も深まってくると乾燥の気が盛んになり、ノドや鼻の粘膜や皮膚表面も敏感になってきます。このような燥邪(大気の乾燥)が病因になってきます。

 

 夏の暑い時期には、皮膚の毛穴は開き、発汗や皮膚呼吸により老廃物や水分の代謝が活発になっていますので、咳や鼻炎など呼吸器系に病気を持っている人でも比較的過ごしやすい季節でありますが、秋口に入り、朝晩がめっきり涼しくなってくると、そうはいきません。皮毛が閉じて途端にノドや鼻に負担が掛かってきます。また、秋の乾燥した空気はノドや鼻の粘膜などに炎症を起こします。

▲ このページのトップへ