生薬産地

漢方エキス製剤の品質、特に安全性には、原料である生薬の品質(安全性)が大きく影響を及ぼしております。そこで、弊社では、原料生薬の品質(安全性)確保のために、生薬産地の特定、加工場との連携を行なうとともに、最新の測定装置を用いた試験検査体制を構築しております。

生薬産地(中国)

中国から輸入している生薬も、産地を指定するとともに、加工場に赴き、弊社指定の条件での加工調整をお願いしております。

細辛の栽培地(中国・遼寧省)

中国遼寧省での細辛の栽培。林間に播種し、自然環境の中で栽培されております。

細辛の栽培地
細辛の葉

炮附子(ブシ2)の栽培地(中国・四川省)

中国四川省でのハナトリカブト(カラトリカブト)の栽培地の風景です。

炮附子の栽培地
炮附子の花

炮附子の修治・加工場

弊社指定のブシ加工場。
弊社の炮附子は、日本薬局方におけるブシ2に相当し、生のブシを塩浸け後、蒸し等の加熱工程を行うという、中国古来の修治法に基づいて加工されたものです。収穫前の生のブシを入手し、弊社研究所にて試験を行い、その結果をもとに、加工条件を指定し、弊社の規格に適合する炮附子としていただいております。

炮附子の花

麦門冬の栽培地(中国・四川省)

中国四川省での麦門冬の栽培地。多くはトウモロコシ畑を利用して栽培されております。

麦門冬の茎
麦門冬

芍薬の栽培地(中国・四川省)

中国四川省での芍薬の栽培地。畑ではキクカ、タンジン等の薬用植物との輪作が行われております。

芍薬の栽培地

ヨクイニン(ハトムギ)の産地(中国・湖南省)

中国、湖南省のヨクイニン(ハトムギ)の産地であります。
山間の段々畑で栽培されております。

ヨクイニンの栽培地
ヨクイニンの栽培地
ヨクイニンの栽培地
 
近隣の農家から収穫された穂を、木の容器に打ちつけながらハトムギのみを採集しております。
  

▲ このページのトップへ

生薬産地(日本)

近年、古くから日本で栽培されている生薬が海外で栽培されており、日本の生薬の自給率は5%程度になっております。弊社は、古くより日本で栽培されている品目、日本産が良品とされる生薬については、日本の産地を指定して購入し、使用しております。日本の生薬の産地を守るため、最大限の努力をしております。

種子採取用の当帰

当帰花

山椒の栽培地(奈良県)

奈良県で栽培されているブドウザンショウ。弊社では、奈良県、和歌山県で栽培されているブドウザンショウ、アサクラザンショウを指定して購入しております。

山椒の栽培地
山椒の実

防已の産地(徳島県)

防已及び下の写真の木通は、徳島県と高知県の県境付近の道も無い山奥にて採薬されております。巻きついた蔓を、木を傷めないように切りおとし、環境破壊とならないように気を配られております。

防已の産地
防已の産地

木通の産地(徳島県)

木通の蔓。

木通の蔓
  

▲ このページのトップへ