五行の色体表

五行 木(もく)タイプ 火(か)タイプ 土(ど)タイプ 金(こん)タイプ 水(すい)タイプ
五臓
(かん)

(しん)

(ひ)

(はい)

(じん)
五腑
(たん)
小腸
(しょうちょう)

(い)
大腸
(だいちょう)
膀胱
(ぼうこう)
チェックA
五色(顔色)
チェックB
五竅(五感の機能)
チェックC
五液(体液)

(よだれ)

(はなみず)

(つば)
チェックD
五香(体臭)

(そう)

(しょう)

(こう)

(せい)

(ふ)
チェックE
五志(感情・性格)

(憂)

(驚)
チェックF
五主(体の部分)
血脈
(けつみゃく)
肌肉
(きにく)
皮毛
(ひもう)
チェックG
五味(味覚)

(かん)
チェックH
五悪(気候)
湿

以上8項目をチェックしていただきましたが、木タイプに該当する項目が多くても「肝」が病んでいるというものではありません。「肝」が疲れていたり、今の生活を続けていると将来肝の病気になる可能性が高いということを教えてくれます。したがって、気になる項目があれば自分自身の生活習慣を見直すときの参考にしてください。

 

A.五色(顔色)

顔色や目の周辺(主に目と眉の間)の色を見ることで、五臓のどこが疲れているのか、病んでいるのかがわかります。

 
 
 
五色(顔色)

▲ このページのトップへ

 

B.五竅(ごきょう)(五感の機能)

五感の機能低下からも五臓の疲れを知ることができます。

 
 
 
五竅(五感の機能)

▲ このページのトップへ

 

C.五液(体液)

体液から五臓の状態を推測してみましょう。

 
 
 
五液(体液)

▲ このページのトップへ

 

D.五香(体臭)

五臓の状態は体臭や口臭からも判断することができます。

 
 
 
五香(体臭)

▲ このページのトップへ

 

E.五志(感情・性格)

五臓の異常は人の感情や性格からも推測できます。

 
 
 
五志(感情・性格)

▲ このページのトップへ

 

F.五主(体の部分)

五主は五臓から栄養を補給する体の部分を指します。

 
 
 
五主(体の部分)

▲ このページのトップへ

 

G.五味(五禁)

酸・苦・甘・辛・鹹の五味は五臓のそれぞれを癒すことができます。また、五味は単なる味覚だけに終わらず、食物を5つにわけて分類しています。現代の栄養学に匹敵する漢方の食養と言えるでしょう。

 
 
 
五味(五禁)

■五禁(相克関係より)

五味酸 脾が弱っている人は、酸っぱいものをとり過ぎてはいけない
五味苦 肺が弱っている人は、苦いものをとり過ぎてはいけない
五味甘 腎が弱っている人は、甘いものをとり過ぎてはいけない
五味辛 肝が弱っている人は、辛いものをとり過ぎてはいけない
五味鹹 心が弱っている人は、塩からいものをとり過ぎてはいけない

■五味の作用

五 味 働 き 食  物
五味酸
すっぱい
筋肉などを引き締める収斂作用 酢・トマト・ミカン・レモン・リンゴ・ウメ・スモモ・ビワ・モモ・キンカン・ブリなど
五味苦
にがい
炎症をおさえたり、物を固める働き 茶・レタス・クワイ・ミョウガ・シュンギク・ギンナン・ウド・フキなど
五味甘
あまい
緊張を緩め痛みをとったり、滋養強壮にも働く 砂糖・ホウレンソウ・ハクサイ・ゴボウ・キュウリ・ナス・タケノコ・セロリ・バナナ・スイカ・柿・小麦・ハモ・牡蠣・コンニャク・豆腐・キャベツ・ジャガイモ・サツマイモ・ヤマノイモ・レンコン・トウモロコシ・エンドウマメ・カツオ・カレイ・ウナギ・タイ・卵・ソバ・シイタケ・牛乳・大豆・ゴマ・カボチャ・アジ・マグロ・サケ・エビ・牛肉・鶏肉・米・サクランボなど
五味辛
からい
発散作用があり、風邪のとき発汗を促す働き トウガラシ・サンショウ・コショウ・ダイコン・サトイモ・アブラナ・ニンジン・シソ・パセリ・ネギ・タマネギ・ニンニク・ショウガなど
五味鹹
塩からい
物を軟らげる作用 塩・アサリ・シジミ・ハマグリ・コンブ・ヒジキ・ノリ・カニ・アシタバ・オオムギ・アワビ・クラゲ・クリなど
 

H.五悪(気候)

五臓が衰弱しているときは、それぞれが嫌う気候・自然環境があります。

 
 
 
五悪(気候)

▲ このページのトップへ