五行チェック

 
 
五行
漢方医学の基礎理論の1つである「五行説」の考え方を理解していただくためのページです。

日頃我々が自分のからだの変化に気付いたことを五行説の理論を使って、分析していくのが五行健康チェックです。顔色、体臭、感情、性格、味覚など一見病気とはなんら関係ないようなからだの情報から、今どの器官が疲れているのか、あるいは病んでいるのか推測していくものです。健康な方も一度チェックしてみてください。
 
 

五行説とは

漢方の基本となる考え方に「五行説」があります。これは万物を木・火・土・金・水の5つの要素に分類し、それらの関係を説いた理論です。この5つは、お互いに支配したりされたりして絶妙のバランスを保っています。その中でも代表的な関係が「相生(そうせい)」と「相克(そうこく)」です。

相生とは

「相生」とは相手を生み育てる母子関係で、五行では木→火→土→金→水という流れを持ちます。木が燃えて火がおき、火からできる灰が土を肥やし、土から鉱物(金)が生まれ、鉱脈から水が湧き出て、その水は木を育てるという具合です。

相克とは

一方、「相克」とは相手を抑制する関係です。それは、「相生」の流れにおいて一つ飛ばした木→土→水→火→金という順に関係しています。木は土から養分を吸収し、土は土手として水の氾濫を抑え、水は火を消し、火は金を溶かし、金属でできた刃物は木を切り倒すという具合です。

働きの弱まったものは相生関係で励まし、強すぎるものは相克関係でなだめてコントロールしています。木を例にとりますと、水に励まされながら火を鼓舞し、金にけん制されながら土を干渉しています。このように、強すぎることも弱すぎることもなく、他の4つも同様にして五行のバランスは保たれています。

 
 
 
相生相克関係

▲ このページのトップへ

漢方では、この五行説を人体の生理・病理に当てはめて応用してきました。

木・火・土・金・水に対応させて、人体の働きを5つに分けたものが、五臓五腑です。五臓を中心に人間の体は機能しており、肝・心・脾・肺・腎で表されます。西洋医学でいう肝臓・心臓…などの臓器とは異なり、その概念よりも広い機能をさしています。例えば五臓の肝は肝臓のほか自律神経系まで含めた概念です。これは杉田玄白らがオランダの解剖書を翻訳する際に、漢方の用語を無理に当てはめたために生じました。また、五腑の胆・小腸・胃・大腸・膀胱は五臓の働きを補佐する器官と位置付けられています。

 

五臓肝 気血がスムーズに動くように調節する機能をさします。西洋医学でいう肝臓の働きも含んでいますが、感情や自律神経と関係し、ストレスによる影響を受けやすいものです。
五臓心 心臓と同じ働きをもつほか、大脳にかかわる精神活動(意識、思考、睡眠など)を支えています。体の働き全体を統括する司令塔の役割を担っています。
五臓脾 消化吸収を通して生命力を補充する働きをつかさどります。栄養を運び、エネルギー源となる器官です。西洋医学でいう消化器官や膵臓と関係しています。
五臓肺 呼吸の調節機能のほか、皮膚、免疫機能、水分代謝などとも関わりがあります。体を取り巻くバリアーのような働きを持っています。
五臓腎 腎臓と同じく水分代謝の働きを担うほか、成長・発育・生殖などにも関連するので、副腎や生殖器などの働きも含まれています。
 
 
 
五臓
 
 

五行説から自分のタイプ(体質)がわかれば、病気をしたときの治療・養生法がわかります。まだ病気を発症していない状態(未病)であっても、悪い生活習慣を続けていけばどのような病気になるかが把握でき、予防対策をたてられるのです。

 
 
色体表チェック下向き矢印
色体表チェックボタンGO

▲ このページのトップへ