小太郎漢方製薬株式会社と医療機関等の関係の透明性に関する指針

この度、小太郎漢方製薬は、「小太郎漢方製薬株式会社と医療機関等の関係の透明性に関する指針」を策定し、医療機関等に関わる企業活動の情報を公開することにいたしました。

医薬品の研究開発から製造販売に至るすべての段階で、私どもと医療機関・医療担当者の皆様とは緊密な連携が必要であることは言うまでもありません。 一方、その透明性を確保していくことで、製薬産業が医療機関・医療担当者の皆様と連携して医学・薬学をはじめとするライフサイエンスの発展に寄与していること及び、その活動は高い倫理性を担保した上で行われていることについて広く理解を得ることが重要であると考えます。

また、すでに海外はもとよりわが国におきましても文部科学省、厚生労働省、日本医学会等において利益相反マネジメントへの取組みが進んでいることから、小太郎漢方製薬もこれらの取組みに参画することといたしました。

小太郎漢方製薬は本指針に従い、より透明性の高い企業活動に邁進してまいります。医療機関・医療担当者の皆様におかれましては、本指針策定の趣旨についてご理解を賜り、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。



小太郎漢方製薬株式会社と医療機関等の関係の透明性に関する指針(PDF)


医療機関・医療関係者等への資金提供 (平成27年4月1日〜平成28年3月31日)(PDF)