小太郎の歴史

沿 革

年 月 主要な出来事
1929年 1月 大阪市港区市岡において上田くろやき店を創業。
1952年 1月 大阪市東区道修町において上田太郎が(株)くろやきや小太郎を設立。
1957年 2月 商号を小太郎漢方製薬株式会社と改称。
1957年 4月 ・大阪市大淀区に中津工場を建設。
・業界初の漢方エキス剤の製造・販売を開始。
・大淀区中津に『小太郎生薬生理化学研究所』を設置。
1961年 2月 大阪市大淀区中津に本社を移転。
1964年 7月 大阪府高槻市に高槻工場を建設。
(量産化を開始し全国へ拡販を行う)
1967年 7月 健康保険(薬価基準)に漢方エキス剤6品目が初収載。
1974年 1月 研究所を高槻市(大阪府)に移転。
1978年 4月 ・石川県美川町に美川工場を建設。
・医療用製品量産化を開始。
1986年10月 ・医療用カプセル剤5品目を新発売。
・医療用漢方製剤88品目。
1992年 1月 高槻工場新製剤棟完成。
2001年 7月 美川工場新製剤棟完成。
2002年 1月 創立50周年。
2005年 1月 高槻工場を美川工場に統合。
2005年 8月 美川工場内に研究・品質管理棟を建設し研究所を美川に移転。
2010年 9月 美川工場福利厚生棟完成。
2012年11月 美川工場新生薬倉庫棟完成。
 
 
一般用商品写真

▲一般用製品

医療用商品写真

▲医療用製品

医薬部外品など商品写真

▲医薬部外品など

▲ このページのトップへ